沿革

昭和41年5月 現代表者の実父である門谷博が住友金属工業株式会社/日本ステンレス株式会社を退職後個人経営として創業。
東洋ステンレス研磨工業所と称し、福岡市堅粕字稲荷町228番地にて研磨業を開始する。
昭和43年1月 有限会社東洋ステンレス研磨工業所に組織変更。
昭和45年1月 福岡市板付2丁目7番地11に移転する。
昭和50年5月 東洋ステンレス研磨工業株式会社に組織を変更。資本金300万円。
昭和52年7月 資本金500万円に増資。
昭和53年3月 福岡市博多区大字板付868番地に本店を移転する。
昭和54年2月 資本金1000万円に増資。
昭和57年5月 資本金1500万円に増資。
昭和58年11月 創業者門谷博死去のため、門谷誠が代表取締役社長に就任。
昭和63年9月 資本金2000万円に増資。
平成元年9月 太宰府市水城6丁目31番地の1に本社社屋及び工場を建設し、移転する。
工場用地(1500坪) 社屋及び工場建屋(1200坪)
平成元年11月 資本金2500万円に増資
平成3年9月 資本金3000万円に増資
平成3年 甘木市屋家西原4233に第2工場用地(1900坪)購入。
平成4年1月 (財)九州山口地域企業育成資金より受賞「ショットブラスト方式による金属自由自在模様加工法の開発」
平成7年5月 商標登録取得【トウショット】、【フロストカット】
平成8年2月 特許取得【金属製品の表面に散点状の模様を形成する方法】
平成8年8月 特許取得【凹凸面を有する建築用板材及びその製造方法】
平成14年6月 資本金3500万円に増資。
平成17年5月 太宰府市水城6丁目719番7(隣接地) 土地998㎡ 倉庫:事務所99.92㎡を取得。
平成20年6月 経済産業省より 「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」受賞
平成21年1月 (財)九州山口地域企業育成資金より受賞 「レアメタルを含有しない金属鋼への高耐食性薄膜の開発」
平成21年12月 特許取得【大気環境中において変色を生じにくいチタンまたはチタン合金】(新日鐵住金株式会社 共同特許)
平成23年2月 (財)新技術開発財団より受賞 「希少金属を不要とする高耐食薄膜の堆積技術の実用化技術開発」
平成23年7月 商標登録取得【金属化粧師】
平成24年9月 特許取得【表面処理金属製品】 (九州工業大学共同特許)
平成24年10月 第14回福岡産業デザイン賞に自社開発製品「ドロップ」が福岡産業デザイン賞を受賞
平成25年3月 平成24年度 大谷美術館賞受賞 「希少金属を不要とした高耐食透明絶縁膜の開発」
平成25年10月 第15回福岡デザイナアワード 優秀賞受賞 ”Racoon”
平成26年7月 第5回ものづくり日本大賞 優秀賞受賞
平成28年9月 代表取締役社長 門谷誠が代表取締役会長へ就任
取締役統括部長 門谷豊が代表取締役社長へ就任